強制絶頂罰ゲーム 生意気JKの躾け方

強制絶頂罰ゲーム 生意気JKの躾け方 第1話 を読んだ感想!無料ネタバレ

 

こんばんは♡

アラサー独身OLのM子です。

 

今日は、ひらやん先生のエロ漫画作品

強制絶頂罰ゲーム 生意気JKの躾け方

の第1話を読んだので紹介しちゃいます。

 

ゲーム同好会に所属している女子高生、宇崎。

顧問の先生と

いつも2人でゲームをしていましたが

ゲームに飽きてしまった彼女は

敗者に罰ゲームを課すことにした。

 

\作品は下記リンクから読めます♡/
BookLive!コミックで無料サンプルを読む
*リンク先の検索欄に『強制絶頂罰』と入れてくださいね♡

強制絶頂罰ゲーム 生意気JKの躾け方 第1話 ネタバレ

 

ゲーム同好会に所属している女子高生、宇崎。

部員は彼女のみ。

いつも顧問の俺と

同じゲームばかりしている。

 

飽き飽きしてきた宇崎は

『負けた方が罰ゲームするっていうのは

どうですか?』

と提案してきた。

 

最初は、あたりさわりのない罰ゲームを

楽しんでいた2人だったが

それも数日のこと。

 

ある日ゲームに負けた俺に対して宇崎は

『負けちゃった先生は

おチン〇ン見せてください』

と言ってきたのだ…!!

 

『は?』

 

と、あっけにとられている俺の

ズボンのチャックを勝手に開け

チ〇コを出して

嬉しそうに眺める宇崎。

 

新しいゲームと称し

俺のチ〇コを舐め始め

 

『今から5分間ガマンですよぉ』

 

と、宇崎。

 

その日から、気づけばこれが当たり前になり

宇崎に弄ばれるだけになっていた…。

 

だが

 

俺も、生意気な宇崎に

やられてばかりではいられない。

 

『3分間フェラゲーム』

 

3分間のフェラで俺をイカせられなかったら

宇崎の負けだ。

 

なかなか悪くないフェラ。

だが、これでは時間切れだ。

 

『初めてでちょっと厳しかったか?』

 

と、しょうがなく少し手伝ってやることに。

 

宇崎の頭を押さえつけて

その口の中を堪能するように

激しくチ〇コを出し入れする。

 

気持ちいい…!!

 

ちょっと苦しそうな宇崎に構わず

射精してやった…!!

 

だが、時間は既に1分過ぎている。

罰ゲームはここからだ。

 

宇崎の可愛らしいおっぱいを出し

俺は彼女の乳首をいじり始めた…。

 

\作品は下記リンクから読めます♡/
BookLive!コミックで無料サンプルを読む
*リンク先の検索欄に『強制絶頂罰』と入れてくださいね♡

 

強制絶頂罰ゲーム 生意気JKの躾け方 第1話 感想

 

ちょっと小生意気そうな宇崎。

女子高生らしく、性への興味関心が高い。

 

先生のチ〇コをヒモでしばって

射精できないようにしてみたり。

好奇心旺盛すぎて

先生をイジメすぎちゃったかな…?

 

前半は、先生を好きなように弄んでいる

宇崎だったけど…。

 

後半は完全に先生の反撃をくらっています!

 

生意気な宇崎にフェラさせて

からの、イマラチオ!

勢いよく射精しておいて

『あ、でも1分過ぎてるな』

って。

 

急にMからSに転身した顧問の先生に

M子もドキドキさせられちゃいました♡

 

今後の展開も楽しみすぎます!

 

\作品は下記リンクから読めます♡/
BookLive!コミックで無料サンプルを読む
*リンク先の検索欄に『強制絶頂罰』と入れてくださいね♡